--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期療育6回目。

2010.02.05

ムスメの風邪はなおりかけ、私の風邪は悪化傾向。
でも、ムスメがもてあましてるので、頑張って行ってきました。
ちょっと遅刻しちゃったけど・・・

今日は『ボールサーフィン』という遊びをしました。

ボールプールの極浅バージョン?
床一面にボールを敷き詰めて、マットに座ってサーフィンをします。
ふだん、大人しい子達も、大フィーバー!
ムスメは。。。
私と一緒に乗って滑ってみましたけど、だめでした。
一度滑ったあとは、所在ない感じで、ウロウロ歩き回ってました。

お母さん同士のお話のお題は
『お母さんと子供にとって、発達支援センターってどんな存在ですか?』
えっと・・・
風邪でポ~ッとしてて、はっきり覚えてないので、省略。

******************************

「こわいから」
  ↑
最近おぼえた、『嫌なことの理由』を言うときの言葉。
ただ泣いたり、怒ったり、そういう表現だけだったのが
ちょっと落ち着いて、理由を言えるようになりました!
「ちゃんと教えてくれたんだ~!えらいね~!ありがと~!」
って、いっぱいほめてあげます。

さて、帰ろうか・・・と思ったとき、先生が声をかけてくれて
作業療法士さんと、お話の時間を作ってくれるとのこと!
ありがたや!
歩けるようになって1年、まだ動きがぎこちなかったり、
遊びの種類によっては、極端に怖がったり、
あと、最近また、よく転ぶような気がして・・・

短時間ではあったけど、作業療法士の先生が、体を調べてくれたり、
走り方を見てくれたりしてくれた結果は、体の緊張がとても強く、
『体のバランスを取る』力が低いみたい、というものでした。

バランスが取りにくい→恐怖
そこから
  • つねに小走り
  • 走るときに、左右の手がそれぞれ、変な形に固定したまま
    脇をしめて走る
  • 仰向けになることが恐怖
  • 足元ばっかりを見て走り、走ると止まれない
  • シーソーとか、体がユラユラする乗り物が恐怖
という行動につながるようです。
でも、療育の中で、まず恐怖より楽しい気持ちが先に立つように工夫して
いろんな運動を、遊びのなかに取り込んでいけば
きっとバランス感覚も養っていけると思います、ということでした。

そして、先日の三文日記で書いたキーワードが出現。
これは、またあらためて書きます。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    RECENT ENTRIES


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。