--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期療育4回目。

2010.01.21

駐車場に着くと早速
「★★ちゃん、くるよ~・・・だって」(~だって・を使いたがる)
と入り口に走っていきました。
さっそく★★ちゃんのお母さんと、先生方に、名前を覚えた話をすると
とっても喜ばれました、特にお母さんに!

そして、★★ちゃんのところへ行って、使っていたおもちゃに手を伸ばすと
めっちゃめちゃ怒られました(笑)
瞬間、ムスメもギャ~っとなったんだけど、
「貸して、いっしょに使おう」って言ってごらん、とうながすと
落ち着いて「か~し~て!」と言えました。
★★ちゃんは、はじめはテーブルの下におもちゃを隠してしまいました。
でも、しばらく考え込んだ後、無言です~っとオモチャを
ムスメのほうに差し出してくれました
言葉は少ないながらも、お互いにいろいろ考えて、
2人の間にコミュニケーションが発生したことに、
私も★★ちゃんのお母さんも先生方も、とても感動してしまいました。

療育が終わった後、★★ちゃんのお母さんがムスメに
「○○ちゃん、お名前を呼んでくれてありがとうね、
★★ちゃん、とっても喜んでるんだよ!」
と伝えにきてくれました(嬉)

そのあと、別な男の子のお友達と、おもちゃの引っ張り合いに。
そんな姿も、いままで見た事がありません。
普段、モノに対して執着が少ないし、相手に主張することが少ないので
「私も使いたいのよ!」とアピールする姿は、私には嬉しかったです。

この頃から、児童センターや音楽教室でも、自分が使っているものを
他の子が使いたがると「○○ちゃん!!」(正しくは○○ちゃん
と言う事が増えました。
自分が立ってた場所に、他の子が立った・というだけの
理不尽?意味不明な怒り方には苦笑いだし、
怒らずに、他の言葉で言えたらパーフェクトだけど・汗。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    RECENT ENTRIES


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。