--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと考えていること。

2010.01.28

まとまりがなく、しかも長文です。
先日の記事で、子育てに悩むお友達のことを書きました。
初めての育児、不安もハテナもいっぱい。
日々変わっていく子供、変わってしまったライフスタイル、
ヘルプを求めることのできない環境、情報の多さor不足・・・
もちろん、初めてでも、あまり心配事もなく、おおらかに、
スーッと自分のペースをつかめる人もいると思いますが・・・

m-styl53.gif

いろんなストレスに押しつぶされそうになって、その日その日を
苦しい思いばかりで過ごし、でもやっぱり子供の笑顔に励まされ、
やっとこ一日を終えた・・・と思ったら、夜泣きで一緒に泣き
ぐったり疲れて、寝不足で次の日を迎える・・・
そんな毎日を繰り返し、心身ともにギリギリのお母さんが
たくさんいて、誰かに助けを求めていると思うんです。

heart21.gif

出産をして、退院をして、産んだらあとは自力で頑張りなさい!
みんな一人でやってるんだから!っていう、社会の空気。
そうじゃなくて、おっぱいのあげ方から始まり、服の着せ方から
何から何まで???なお母さん達を、しっかりフォローできるような
お母さん達に、いつも寄り添ってくれるような、
そういうシステムがあって、なおかつ、どのお母さんも
気軽に利用できるように、何とかできないものでしょうかね?
病院で産んで、自宅へ直結ではなく、病院からバトンタッチしてくれる
もうワンクッションがあったらいいのにと、常々思います。


良い助産院が近くにあれば、まずはそこが手早いとは思うけど
まだまだ助産院って、どこか自分とは縁がない世界、と思う人が
たくさんいるようで、とてももったいない気がします。
私は、自宅出産だから、家が助産院みたいなモノでした。
二人目だから、ある程度の知識は頭に入っているとはいえ
本当にゆったりと、おおらかに、子供に接することができました。
それは、いつでも助産婦さんがいてくれる、その安心感からです。


おっぱいのあげかた、これだけでも目から鱗が落ちることばかり。
よっぽど母乳育児に熱心な病院でない限り、教えてくれないであろう
いろんな知識を、しっかり教えてくれましたから。
そして何より、心のケアが、本当にしみいる・・・というか
『よりそう』という言葉が一番しっくりくる、そんなケア。
上からでもなく、前をゆくでもなく、隣に並んで
いっしょに歩いてくれる、そんな存在でした。


数少ない助産院に、予約を取って、遠い距離を行く・
のでは、「いいやぁ・・・一人で頑張ろう・・・」
になってしまうから、もっと気軽に訪ねられるような
あわよくば、自宅を訪ねてくれるような、そんな機関が
たくさんできてくれたらいいのに。
(仙台では、そういった保健婦・保育士の訪問事業があります)

heart21.gif

児童センターに行くようになって、いわゆる『幼児』を連れて
来ている人はたくさんいるけれど、『乳児』を連れてくる人は
ほとんどいないんです。(上の子がいる場合はのぞいて)
うちの地域の児童センターだけしか知らないから、他の地域では
そうではないのかもしれないけど・・・


もちろん、赤ちゃんが行ったところで、何をする?って話だし
いくら近所でも、赤ちゃんを連れてのおでかけは、けっこう
「えいっ!」と腰を上げないと、大変なものでもあるしね。
でも、赤ちゃんを育ててるママたちこそ、話し相手だったり
相談相手だったり、情報交換の場所が絶対必要だとおもうんだ。


せっかく、地域に根付いた施設なのだから、お母さんと赤ちゃんが
集まりやすいような環境、働きかけを、今以上にしてほしい。
集まりのテーマも大事だけど、ぐずっても人見知りしても
大丈夫だよ~!だめなら途中で退席しても大丈夫だよ~!
無理して来ることないよ~!
っていう、気負わずに来てね!っていう空気も大事だと思う。

m-styl50.gif

困った・・・煮詰まった・・・
そうだ、あそこに行ってみよう、あそこでガス抜きしよう、
と思える、お母さんの避難所を、どうしたら作れるかな?
私が考えても、どうにもならないんだけど(苦笑)
せめて、身近で困っているお母さん達の力になれないか、
いつも考えているonahaではありますが・・・
人の力になるには、自分もパワーが必要なんだと
それも日々、嫌と言うほど感じていて・・・
自分が常にフル充電されていないと、人にパワーなんか
あげられないわけで、何ともふがいない思いをしております。

sozai from mattarihonpo+


コメント

    ohana | URL |

    お返事。

    『ママどうしの出会い』『プロのアドバイス』
    その人がどっちを必要としているか?それも難しいんだよね・・・
    先述のように、ママ仲間の出会いを求めたら、逆に傷つけられて、二度と行きたくなくなった人もいるし
    かと思えば、プロに傷つけられて、参ってしまった方もいるの。
    場所があっても『良い出逢い』があるかどうかは、子育てママに限らず、誰にとっても宝くじみたいものだけどさぁ(苦笑)
    あぁ~知恵がない・脳みそのシワが足りない(泣)
    今度チーム集合したときに語りましょ(笑)

    はな* | URL |

    わかるわー。

    息子を産んだ時はもう何もかもが分からなくって、
    さらに双子を妊娠した時にも分からない事だらけで、
    そして今もこども達の事は分からないことだらけ。

    お母さんのための避難所、私も今、欲しいものー(笑)
    アプローチは違うけど、同じ事を悶々と思ってましたよ。
    私でよければ話を聞くよーっていう人って結構多いと思うし
    聞いて欲しい人もたくさんいるわけで、
    どういう場所ならそういう人たちが出会えるのかな?って。

    それにしてもohanaさんだって忙しいのに
    周りのことにいつも気を配っていて、ホントすごい!
    いい刺激になります☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。