--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜視の検査に行ってきました。

2009.09.27

斜視疑い。
・・・言われてから、いろんなサイトで調べました。
過去の写真も全部チェックしてみました。

・・・たしかに、1歳を過ぎた頃から、目が内側に寄ってました。
あらためて、現在の写真を撮りまくってみました。
右の目には、フラッシュの光があまり当たってませんでした。
=あんまり見えてないのかもしれません。

斜視は、放っておくと、弱視になってしまうんだそうです。
斜視の原因によって、眼鏡をかけたり、手術をしたり、
治療方法が違ってくるようなんですが、
『16000人にひとりの病気の割に、治療が必要ない頭の病気』
より
『50人にひとりの病気で、長い治療が始まる』
ことに、動揺しているハハでありました。
検査は、決して上手くいったとは言えませんでした

視能訓練士さんが、、手に持った小さなカード(ウサギの顔が描いてある)を持って
「うさぎのおめめはどこかな~?」
って聞くと
「はいど~じょ!!(貸して・意味)」と奪おうとするし。
中をのぞくと海の絵が見える、へんな機械を見せられても
一度ものぞいてくれなくて、
「おか~しゃん!おか~しゃ~~ん!!」と泣く。
片目を隠そうとすると、これまた泣き、
自分で隠してみて~と言われれば
「やだやだやだ~~~!!」
も~~おはなしになりまっせん!

ドクターの診察になって、瞳にライトを当てて目の動きを見たいのに
くるっとうしろをむいて、顔を隠しちゃうし。
プーさんが付いたペープサートみたいのを目で追う検査は
まぁまぁ出来たかな~・・・

生まれてからの写真を20枚くらいアルバムに入れて行ったので
それは役に立ったみたいでよかった。

1歳までは、目が寄ってないし、黒目のど真ん中にフラッシュが
当たってるので、生まれつきのものじゃないこと。
ってことは、目を動かす筋肉や神経に問題があるのではなく
近視・遠視などの屈折異常で寄っている可能性が高い。

とうことがわかりました。
脳からくる異常がないか調べるために、瞳孔を開く目薬をして
眼底の検査をします・・・
と、目薬をさそうとしたら、これがもぉ~~
夫ひとりでも押さえつけられず、2人がかりで本気で押さえて
やっと片目にポチョリン。
体勢を立て直して、もいっかい力ずくで押さえてポチョリン。
あ~汗かいた
何ってったって、毎回応援看護師を呼ばないといけない
暴れん坊将軍ですから~

目薬がきくまでの間、神経科の診察を受けて、ふたたび眼科へ。
ここで、応援の看護師がきて、またしてもバスタオルでのりまきにし
暗室で眼底の検査をしてもらいました。
通りかかる人たちが「なにごと??」って顔してるよ~
尋常じゃない泣き叫ぶ声は、かわいそうとかより恥ずかしい。
「キライキライキライ~~~~~~!」
「おがあじゃんとぉぉぉ~~~!」
「やだやだやだやだやだ~~~~!」
「うちの子じゃありませ~ん」みたいな顔してたよ・私。

結果は、視神経・角膜などに、異常はなかったとのこと。
でも、近視や遠視の検査は暴れてできなかったので、
次回は眠らせて検査しましょう・・・だそうです。
ハハハ・・・・・

可能性としては、遠視による斜視。なので、治療はメガネをかけること。
時間はかかるけど、しっかりメガネを使うことで、斜視が良くなるって。
でも、ムスメの場合、
眼球を上下に動かす筋肉、なんとか筋の力が強いので
メガネで治らなければ、手術もあり。

うちの頑固ムスメが眼鏡を・・・・・
かけてくれるわけないよなぁ・・・・・
視力検査、いつになったらまともに出来るのかなぁ・・・・・

でもでも!!!
かけないことには、ムスメの目は良くなりません!!!
全力投球で治して見せますよ~~~




ムスメの暴れん坊にも苦労したけど
先生がね・・・蚊の泣くような声っつーんですか、話を聞き取るのに、とっても苦労しました(泣)
それに、先生も訓練士の方も、いまいちテンション低くて・・・
もちっと、子供をひきつける何かがほしかった・・・かな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    RECENT ENTRIES


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。