--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査の結果。

2009.09.13

書こうかどうか迷ったんだけど。 今も迷ってるんだけど。
MRI検査の結果、脳に異常が見つかりました。
以下、相変わらずの長文です。スミマセン。
診察室に呼ばれると、ドクターが2人いました。
「あちゃ~」でした。
何がみつかったんだ??

診察室で、ムスメ、
「おかあさんといっしょにねんね!」
「おかあさんといっしょにかえる」
「おうちかえってごはんたべる!」
「おかあさんとおさんぽいく!」
これを、リピート&リピート・・・うるさいったら!!!

まず、聞き取り。
そして、ムスメの検査画像と、正常な子供の画像を比較して説明。
『脳のお部屋が広いです』
『普通の人が見てもわからないんだけど、目と目の間が狭いですね』
『こういう状態を、全前脳胞症といいます』


卵が細胞分裂して、脳も分裂して形を作っていくんですけど
前・真ん中・後ろと三つにわかれるんです。
その、前の脳が右と左に分かれるんですけど、それが途中で
止まってしまうと、このような脳になってしまいます。
お部屋が、二つにわかれずに、一つになってしまってます。
もう少しで分かれきれる、って所で止まったんだと思うんですけど。



今は、歩けてるし、しゃべれてるし、大きな問題はないと思うので
定期的に診させていただいて、経過を見るということで良いと思います。



私:斜視も脳のせいですか?
Dr.:関係あるかもしれないので、眼科で詳しく診てもらうことにします。


前脳が分かれ切れてないために、その下にある『下垂体』が機能して
いない可能性があるんです。
それを確認するために、これから血液検査と尿検査をします。



ひょっとしたら、今の段階で発達が遅いので、たとえば幼稚園に
行ったときに、他のお子さんが出来ることが出来ないとか、
勉強が他の子より遅れるとか、そういうこともあるかもしれない。
成長をみていって、必要があれば、例えばリハビリとか利用するとか



年配の先生が、病名を紙に書いて渡してくれた。
それを指さしながら「ぜん・ぜん・のう・ほう・しょう」と読み上げると
ケラケラと笑い出し、もっとやれ!とせがまれた(笑))

この後、血液検査と尿検査の準備。
   暴れるのは目に見えてるので、バスタオルでぐるぐる巻き。
   おしっこは、おまたに小さな袋をシールで貼り付けて待つ。
待っている間、食堂でお昼ご飯を食べました。
おにぎりをほおばり、でっか~い声で
「いっただっきま~す!」「うんま~~い!」
一口食べるたびにそれだから、まわりから笑いをとる。
診察に呼ばれるまでは、走り回ってプレイルームのはしご!
何人もの看護婦さんに
「お~!脱走だ~!「○○ちゃん、ご飯食べて復活だね~!」
と笑われ・・・・追っかける私は汗をかきかき

ここからが長い
こういうときに限って、おしっこが出ない!
何度か、PHSに看護婦さんから「出ました?」の連絡が入る。
結局、2時間待って出ないので、診察室に呼ばれる。

何を調べたかというと、血液と尿のナトリウム値を調べて
電解質異常がないか調べました。
血中のNaがDOWNして、尿中のNaがUPしてると
脳の影響で、『尿崩症』の合併症があると考えますが
結果、血液のナトリウム値は正常でしたので
尿崩症の心配はなさそうです。



このとき不届き者のハハは、先生が『にょうほうしょう』と言うのを聞きながら
「先生、口まわってないよ~・笑」と心の中で笑っていたのでした。
のうほうしょう』と『にょうほうしょう』は別物だったのね・ププッ



そのほかに、血液から甲状腺後ホルモンの検査も
したようです(外注のため後日結果説明)


先生が、簡単に斜視の検査をしてみたところ、やはり、
寄る方の目が目標物を見ていないようだ、と言うことで・・・
次回の眼科受診がとても恐ろしい


私:
3才までは・・・様子見というか・・・でいいかなと・・・
遅いっちゃ~遅いけど、できてないワケじゃないので・・・
Dr.:
いいと思います
出来ることっていうのは、親御さんが愛情を持って育ててあげることくらいで
そうすると、子供って予想以上の伸びをみせるんですよ。
みんなより遅れてスタートしても、育て方で発達をカバーすることは
十分できますしね。
今、こうやってみても、ゆっくりでものびてきているし、
頭にこういう病気がある子供さんには、とっても見えないですし。
普通、私達がこの画像を見たら、
「あぁ・・・歩けるかなぁ・・・?とかおしゃべりできるかなぁ・・?」
って思いますね。
私:
え・・・そんなに・・・ですか???
あれ???
じゃぁ、脳外科の先生は気を遣って(異常ないと)言ってくれたとか?
Dr.:
そうですね、そうだと思います。
さっき、そこを歩いて見えたとき、ビックリしたんですよ!
抱っこされて、とか、バギーかな?と思ってたのが、
歩いてきたんで(笑)



と、ここまでがこの日の診察の内容でした。
私の考えたこと・は、またエントリーを変えて書こうと思います。





コメント

    ohana | URL |

    お返事。

    鍵コメさま。
    こんにちは!ごぶさたしておりました。
    私も聞いたことない病名で、早口言葉かと思いました(笑)
    調べれば調べるほど、深刻な、残酷な病気のようで
    生まれてきたこと自体、奇跡なのでは・・・と思います。
    ほんとに周りを笑わせる楽しいムスメなので、想像もしませんでした。
    でも、目の前で走り回ってますから、それでOKかな?と・・・
    お心遣い、ありがとうございます。
    イズミマルシェ、お財布をパンパンにして行きたいです(笑)

    | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。