FC2ブログ

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポート6・ってどこまで続く?

2007.02.17

長男のときは、
「いきまないでねっ!のがしてねっっ!」と言われ
痛みに耐えるより、いきみたいのを我慢するのが、
とにかくつらかった。
06:00
腰~仙骨の痛みが強くなってくる。
いきみたいカンジも出てくる。
  「いきんでみていいよ」
  「え!?いいの??」

「このへんに力いれてごらん」
助産婦さんが、おしりに手を当ててアドバイスをくれる。
いきんでみる。

アレ??ナンカチガウ??

  「いきんでみると、そ~でもないでしょ?」 助産婦さん
  「ほんとだ・まだなんだねぇ」 わたし

まだ完全に赤ちゃんが降りてきていない。
口で「まだダメ。まだ早い」って言われるより、こうやって実践して(?)
教えてもらうと納得がいく。
自分の現在の状況がよく理解できるから安心するし、
この後がスムーズにいく気がした。

陣痛は休みナシになってきた。
いよいよ、股に何かがはさまってるカンジがしてきた。
「コレよ!コレコレ!」(第二弾)
いきんでいいよね!

このあたりかな?履いているモノを脱いだり、防水シート敷いたりしたのは?
長男が部屋に呼ばれたのも、このころだった気がする。


ここで、おざぶじゃなく、バランスボールに変更。
はじめは何だか上手く体重をかけられなくて、バランスとれなくて、
まただだっ子になるところだった。
でも、助産婦さんのアドバイスどおりにやってみたら、
いきむ力の方向が安定して、いきみやすい。

何回いきんだか覚えてないけど、ときどき長男が
バランスボールを必死につかんでいる私の手に、そっと
自分の手を重ねてくれたのを覚えてる。
フンワリ・やさしくて、あたたかだった。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://delightandfree.blog52.fc2.com/tb.php/206-729fe28b
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRIES


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。