--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング旅立ちました

2012.02.23

2月10日23時、約3年の腎不全闘病生活を終え、弟チットのところへ、旅立ちました。
ブログを更新できるほど立ち直れたか・・・と思ったけれど
こうしてPCに向かっていると動悸がしてきて、手が震えます。
キンがいなくなったことで、チットのいなくなった寂しさ悲しさが
キンのいない寂しさと一緒に襲ってきます。
でも、私はキンに言いました。
「私のことは心配しないで」
だから、いつまでも落ち込むわけにはいきません。
家族のことが心配で心配で、なかなか旅立てなかったキン。
やっと苦しみのない場所へ行けたのだから、心配はかけられません。
寂しいけど、乗り越えていきます。


亡くなる12時間前の写真です。

CAMVXXAF.jpg
クリックで拡大

[ read more...? ]
スポンサーサイト

キンが亡くなるまでの記録・1

2012.02.23

8月から毎日かかさず点滴に通い、時々食欲が落ちることはあっても
大きな変化もなく、何より精神的にとても落ち着いていました。
そうなったのは、娘が幼稚園生活に慣れた頃からでした。
ずっと心配だった妹が、毎日がんばっている姿を見て
安心したからかな・・・と思っていました。

[ read more...? ]

キンが亡くなるまでの記録・2

2012.02.25

--2月3日--

病院から帰ってくると、珍しく、窓に張り付いて鳴いています。
そうだ!お散歩いこう!
毛布にくるんで、コートですっぽり隠して、まるでママコート。

0204.jpg


鼻をフンフン、お日様に目を細めて、キョロキョロ。
でも寒くて鼻水たらり、少し自力で歩いて、5分ほどで家に入りました。
このころは、まだ少しは歩けたので、私が視界からいなくなると
「うぇーうぇー」と鳴きながらキッチンまでフラフラ歩いてきました。
トイレに行っても、キッチンに行っても「うぇーうぇー」

口の中が落ち着いても、先生の言ったとおり、自力で飲み食べることはできず
トロトロのペーストをさらにお湯で薄めてスープにして
シリンジでちょこちょこ飲んでました。

--2月4日--

今日も「外に出たい」と鳴くので抱っこして庭に出ると
なんと、よろけながらも自力で歩いて向いの義両親の家へ
まっすぐ歩いてきました。
仲良しの、兄ちゃん猫に最後の挨拶に行ったのかな・・・

息子は、キンが長くないことを伝えても、静かに「うん」と言うだけ。
でも、じっとキンをみつめながら、ずっとずっとキンを撫でていました。
言葉はいらない・・・
夜は、なかなか2階に上がることが出来ず、何度も何度も
「キン、おやすみ」を繰り返す・・・
胸が痛い光景でした。

--2月5日--

可愛がってもらっていた、お隣さん2軒にごあいさつに行きました。

その日の夜、とっても不思議なことがありました。
[ read more...? ]

キンが亡くなるまでの記録・3

2012.02.26

--2月6日--

キンの体温がガクンと下がり始めました。
なぜだか、オシッコが黄色くなって、普通のオシッコのにおいがする。
もうずっと、無色無臭のオシッコしか見ていなかったので不思議。

息子が帰ってくると大きな声で「おかえり!」
突然、こんな事をしたりして、私達を驚かせました。

a2ztm.jpg

--2月9日--

0208.jpg
2/8 キンがつらそうだから・・・と娘がぬいぐるみを貸してくれました。

午後から、目に見えて弱ってきた感じでした。
反応が薄い、ますます体温が低い。
息子が帰ってきても、しっぽをちょっと動かすくらい。
急いで夕飯を作って、ずっと膝に抱いて話しかける。
私の姿が見えなくなると、蚊の鳴くような声で私を呼ぶ。
一時も離れていたくない、と主張する。
息子が抱っこしていても、手を台所のほうに必死に伸ばして
見えない私を手招きしてる。
「おかあさんと一緒にいたいんだ」
こんなに自分の要求をストレートに表したのは初めてかも・・・
もう終わりが近づいた時に、初めてワガママ言えたね・・・


[ read more...? ]

キンが亡くなるまでの記録・4

2012.02.26

--2月10日・午後--

公園から帰ってくると、赤茶色い便が出てきました。
もうずっと食べていないので、便が出るなんて、と思いました。
いきむ力も残っていないし・・・
あとで考えると、このころから軽く痙攣が始まっていたようです。

午後からは、ひたすら抱っこしていました。
そうしなきゃいけない、という気がしました。
夕飯を作るのもあきらめて、義母にお弁当を買ってきてもらい
ずっと膝に抱いていました。

夜、娘が、キンに「ひとりできるんだよ!」と
自分で粉薬を飲むところを見せました。
「すごいでしょ??」と言うと目を細めて「うにゃ」と
かすれた声で鳴きました。
生まれる所を見て、毎日添い寝して、公園でボディガードして
大事に大事にしてきた妹だものね、心配だよね。
でも、もう大丈夫!
こんなに立派なおねえさんになったんだよ!
だから心配しないで!
キンにそう言いました。

[ read more...? ]


RECENT ENTRIES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。